キッザニアを放課後等デイ受給者証で半額で安く行く方法、大人も介助者としてお得に!

キッザニアを放課後等デイ受給者証で半額で安く行く!大人も介助者としてお得に! おでかけ情報
キッザニアを放課後等デイ受給者証で半額で安く行く!大人も介助者としてお得に!

キッザニアは、東京・甲子園・福岡と全国に3つあり、子どもに大人気です。
放課後等デイサービスの受給者証をお持ちの方は料金が半額になり、更に付き添いの大人も介助者として半額になります。
どのような受給者証を持っていれば、半額になるのかや、当日に持っていくものについて解説したいと思います。

キッザニアは放課後等デイサービス受給者証で割引!

多くの遊び施設で、障がいのある子ども用のチケットが販売されていますが、障がい者手帳や療育(養)手帳が必要な場合が多いです。

キッザニアでは障がい者手帳・療育(養)手帳の交付対象者だけでなく、障がい福祉サービス受給者証の交付対象者も障がいのある子どものチケットを利用することができます。
ここでいう障がい福祉サービスには放課後等デイサービスや保育所等訪問支援などが含まれます。

よって放課後等デイサービスの受給者証をお持ちのお子さんは障がいのある子どものチケットを利用することができます。

受給者証で子どもも大人も半額に!

放課後等デイサービス受給者証をお持ちのお子さんは、料金が半額になります。また障がいのある子ども1名につき、大人もしくはシニア1名が介助者料金となります。

例えばキッザニア東京休日第1部の場合
小学生料金5500円が障がいのある小学生は2750円、大人料金2500円が介助者1250円となり、親子2人で4000円となります。

最大2割引きとなるイベント割でも障がいのある子どものチケットがあり、半額で利用できます。
⇒キッザニアのイベント割の利用方法はこちら

受給者証を当日持参!

WEBで障がいのある子どものチケットを予約した場合も、入場受付時に障がい者手帳や療育手帳、放課後等デイサービス受給者証の提示が必要となりますので、忘れずに持っていきましょう。

提示がない場合は通常料金で精算することになります。

障がいのある子どものアクティビティ参加について

キッザニアのオフィシャルサイトのよくあるご質問に障がいのある子どものアクティビティ参加についての記載がありましたので引用します。

Q こどもに障がいがあります。アクティビティはできますか?
A アクティビティは各個人の判断による参加となります。お手伝いが必要な場合は、インフォメーションデスクにお越し頂くか、各パビリオンスタッフにお申し出ください。

https://www.kidzania.jp/guide/faq/tokyo.html

障がいのある子どものチケットを購入すると入場手続き時に、子どものアクティビティについて、なにかお手伝いが必要かを聞いてくれます。
必要な場合はどんなお手伝いが必要かを記したカードがもらえます。
アクティビティ利用時にスタッフさんにそのカードを提示すると、その子どものできない部分などがわかるようになっています。

キッザニアではアクティビティは子どもだけでの体験ですが、障がいのある子どものアクティビティに関しては大人の同伴介助も認められます。
他にはゆっくり話してほしい・帽子ユニフォームの着脱ができないなどの項目もあります。
パピリオンによって必要なお手伝いも変わってくると思いますので、お手伝いが必要な場合はお気軽にスタッフに相談してみてください。

キッザニアを放課後等デイサービス受給者証で安く行く方法まとめ

私の息子は放課後等デイサービスに通っており、発達障害グレーゾーンです。
初めて、キッザニアに行く時は、知らない大人のいうことをきちんと聞いて、楽しんでお仕事ができるのか不安でしたが、行ってみると、とても楽しんでくれて、それから何度もキッザニアに行っています。
色んなユニフォームを着て、しっかりお仕事に取り組んでいる姿は、とてもかっこよくて、キッザニアに行く度に子どもの成長を感じることができています。

私は、初めは放課後等デイサービス受給者証で料金が半額になることを知らなくて、悔しい思いをしたので、この記事が誰かのお役に立てれば嬉しいです。

他にもキッザニア関連の記事を書いています。
⇒キッザニアをイベント割で安く行く方法

⇒キッザニアの関連記事一覧

参考HP
キッザニアオフィシャルサイト

イメージ画像(キッザニアの写真ではありません)



タイトルとURLをコピーしました